• ホーム
  • お問い合わせ
  • 代理店募集

甘彩六花ブログ

購入はこちら

お問い合わせ

甘彩六花ブログ

北海道で豆の調査を行いました!!

東京も肌寒い日が増え、秋が深まってきたように感じますが、

皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?

 

私は10月29日から31日まで北海道旭川で大豆の収量調査を行いました!

北海道は気温4℃!とても寒かったですが、紅葉が綺麗でしたよ!!

 

 

北海道では多数の農協様にご協力いただき、大豆や小豆、ジャガイモなどの試験をおこなっています。

今回はJA東旭川様、JA当麻様で調査を行いましたので様子をお伝えします!

 

 

1日目はJA東旭川様。試験いただいたのは大豆のトヨコマチです。

試験区、慣行区よりそれぞれ22株を収穫し、乾燥させたものを一粒莢、二粒莢、三粒莢に仕分けし、数量を比較しました。

 

また、皆様にご紹介しやすいように並べて写真撮影を行いました!

 

(莢数を記録する北海道担当の喜多。)

 

2日目、3日目はJA当麻様で調査を行いました。

試験に用いた品種は大豆のユキホマレです。

 

試験区、慣行区よりそれぞれ15株を収穫し、こちらも同様に一粒莢、二粒莢、三粒莢に仕分けし、数量を比較しました。

写真撮影後、豆を取り出し、ふるいにかけて規格ごとの重量を測定しました。

 

 

写真撮影用に粒数ごとに分けた莢を並べました。以外と時間がかかってしまいます、、、

 

莢数を数えてみると、試験区の合計莢数がなんと慣行区の1.4倍!

機械での収穫ではロスが出てしまうため、実際の収量の増加率は若干下がるかと思いますが、

農協の担当者様も驚きの結果でした!!

 

 

脱穀後は上の写真のように穴の開いたふるいにかけて、規格ごとに分けます。

真ん中の二分四厘のふるいに残れば規格内として出荷でき、

右の二分六厘以上の豆は大粒となります!

 

 

 

シャカシャカと豆をふるっていくと、写真のように分けられました!

黒い器が二分六厘以上の大粒、白い器は二分四厘以上です。

試験区、慣行区ともに大粒の割合が多かったですが、

健花を散布した試験区では豆の肥大が良く、大粒率が高い結果となりました!

 

大豆への使用方法は花芽分化期(莢数増加)、開花期(結実率向上)のそれぞれの時期に

1~2回の散布を推奨しておりますが、

今回の試験では、防除の際に混用したため、散布回数は開花期に2回のみです!

たった2回の散布でも、結実率を向上させ、収量を増加させることができました!!

 

皆さま、来期の枝豆、大豆、その他の豆類にぜひ健花をお試しください!

詳しい試験結果はまた次回のブログでご紹介させていただきますので、お楽しみに!

佐賀県アスパラガス農家さん 高品質・早出し・収量増加3立の秘訣!

此度の記録的豪雨により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

連日の猛暑でございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
作業をされる際にはこまめな水分補給と休息を心がけましょう!

さて、今回は甘彩六花シリーズと同等品を使用している、アスパラガス農家の永田さんに栽培方法を伺いましたので、ご紹介いたします!

(一部の地域では異なる商品名で販売しておりますが、ここでは甘彩六花シリーズの商品名でご紹介させていただきます。)

 

佐賀市でアスパラ部会長をされている永田さんは、
10棟(合計3反)のハウスでアスパラガスを栽培しています!

栽培品種はウェルカム。
2月から5月上旬までの春芽はホワイトアスパラガス、
6月から9月下旬までの夏芽はグリーンアスパラガスとして栽培しています。

農家の皆様はご存知だと思いますが、
ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスは実は同じ品種から収穫されています!

白く育てる場合は、直射日光を当てないよう、遮光フィルムを被覆する方法や、
25cmほど盛土をして遮光する方法があります。
手間のかかる栽培方法ですので、ホワイトアスパラガスは希少性が高く価格が割高なのも納得です‼

永田さんにご使用していただいている商品は3種類です。

〇活根彩果(カッコンサイカ)
2月から11月の期間に、2週に1度500倍希釈で灌水します。
活根彩果の酵素と動物性脂肪由来のアミノ酸が根に直接働きかけ、新根が次々と発生します。

〇甘彩(アマイロ)
2月から11月の期間に、2週に1度500倍希釈で灌水します。
活根彩果に加え、甘彩を灌水することで、元肥の吸収が高まり、成疲れを予防、葉茎の発生が促進されるため、収穫期終盤でも収量が落ちることなく収穫し続けられています。

〇健花(スコヤカ)
5月から10月の期間に、月に1、2度を1000倍で葉面散布します。
健花を散布することで、葉や茎が引き締まり、徒長の予防になります。
さらに、細胞壁が強化されることで葉の厚みが増し、葉焼けの予防効果を発揮します。
種類によっては薬剤と混用散布が可能なため、散布の手間がかかりません。

混用散布を検討される方は、混用可否をお調べしますので、お問合せください!

九州の春芽と夏芽の収量割合は4:6程。
春芽を多く収穫しすぎてしまうと、夏芽の収量が大きく落ちるといわれます。

したがって、春芽の収穫は夏芽を考慮して5月上旬で終了させます。
しかし、甘彩六花シリーズを使用し始めてから、
アスパラガスの葉の展開が早まり、光合成量が増加する結果、
夏芽が例年より早く、周辺農家様より一足早く収穫を開始することができるようになったそうです!

 

夏芽の収穫は9月下旬まで行いますので、収穫開始が早まり、さらに株疲れを起こさず収穫することでトータル収量が大幅に増加します!
また、価格も早く出荷した分は、市場に出回っているものが少ないため高値で取引されます!!

アスパラガス農家のみなさん!
甘彩六花シリーズで、高品質・早出し・収量増加の3立を目指しませんか?

ご使用方法や、その他お悩み事がありましたらお気軽にお問合せ下さい!

花苗直売農家さん 健花と活根彩果でロス半減!!

みなさんこんにちは。

寒暖差が大きく、体調管理が難しい季節ですが皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

今回は花苗農家の木村さんに実際のご使用方法を伺いました!

 

木村さんは多くの品種を育てており、代表的な品種は「ペチュニア」、「松葉ボタン」、「かすみ草」、「カリブラコア」です。全て直売所で販売しています!

ペチュニア

松葉ボタン

かすみ草

カリブラコア

 

どの花も色鮮やかで、開花期間が長いことが特徴です。

皆様も1度は街中で見かけたことがあるのではないでしょうか。

 

木村さんにご愛用いただいているのは健花、活根彩果の2種類。

それぞれの使用方法とご実感いただいた効果をご紹介します!

 

● 活根彩果(カッコンサイカ)でポット上げ後のロス半減!!

発芽1週間後から1000倍希釈液を週に1度灌水、
ポット上げ直後に1000倍希釈液を1度灌水することで、
根の生育が向上し活着が早まり、ポット上げ後のロスが半減しました!

活根彩果の新根生成力により細根の量を増やすことで
定植後の活着が向上することはもちろん、
土壌中の養分と水分を多く吸収することができるため、初期生育が向上し葉色も鮮やかになりました!

● 健花(スコヤカ)併用で、徒長・病気をダブルで予防!

苗栽培や鉢植えの栽培には欠かせないものとなっている矮化剤ですが、
花の品種によっては1度しか散布できない場合があります。
そこで、健花の細胞壁引き締め効果に着目され、ポット上げ1ヶ月後から500倍希釈液を10日に1度散布することで、葉茎を引き締め、より徒長のしづらい苗に育てています!

さらに、葉茎の細胞壁を引き締しめることで、空気中を浮遊するカビ類による病気が入りにくくなる効果が期待できます!
実際に木村さんからは「健花を使い始めてからは病気に困る事がなくなった!」と喜びの声をいただきました!

 

甘彩六花シリーズと矮化剤の相乗効果で
徒長の少なく、病気に強い苗に育てませんか?

もちろん、お庭や畑へ定植後の散布も効果抜群です!

甘彩六花シリーズの使用方法や、その他お悩み事がありましたら
お気軽にお問合せ下さい!

〈JA水戸様共同試験〉ニラの葉鞘が太くなり3割収量増加!!

皆さんこんにちは。
葉桜の季節となり、日中は汗ばむ日も増えてきましたね。
GWはどのように過ごされたのでしょうか?

甘彩六花がJA水戸様と共同試験を行い始めて今年で4年目になり、
ニラや柔甘ネギで、良い試験データを多数取得しております!
本日は、茨城県水戸市の高安様にご協力いただいた、
ニラの収量調査結果をご報告いたします!

高安様が栽培するニラの品種は「ワンダーグリーンベルト」。
この品種は葉幅が広く、揃いが極めて良好です。
休眠はせず、低温条件下でも生育するため、冬期のハウス栽培に適しますが、葉色はやや淡いのが特徴です。

茨城県水戸市でのニラ栽培では年に5回前後収穫しますが1番収穫時の収量を100%とすると、3番収穫時には60%まで収穫量が減少するといわれます。
これは、収穫後の新葉の再生に根や底盤の養分が消費されるためです。
ニラを長期間にわたり何度も繰り返し収穫するためには、
健全な、充実した株を養成することが不可欠です!

 

そこで、活根彩果(カッコンサイカ)を定期灌水することで、
再生時に栄養を供給するための「根」の生育を促進し、
3番収穫時の収量を比較しました。

本試験では、1棟のハウス内に試験区、対象区を設け、
活根彩果500倍希釈液を3回、株元にジョウロ灌水をしました。
潅水日(2月24日、3月10日、3月20日)
収穫日(1回目:2月15日、2回目:3月23日、3回目:4月17日)

3回目の収穫日(4月17日)に各区5株分を収穫し、
1株あたりの収穫重量及び葉の枚数を比較しました。

葉の平均本数は、対照区30.2本、試験区35.4本(117%)と約5本増加しました!
1本当たりの平均重量は、対照区5.30g、試験区5.80gと10%増加しました!
さらに、1株あたりの平均収量は、対照区160.2g、試験区205.1gであり、
試験区が44.9g(128%)多い結果となりました!!

高安様は試験区のニラは葉鞘が太く、葉幅が広いため、
出荷できる重量が3割も増加したと大変喜んでいただきました!

さらに、対照区の1/3程度は葉の重さに耐えきれずに倒伏していたのに対し、
試験区では1本1本が太く、株間の黒マルチが見えるほど
しっかりと立っており、ホースが通しやすいため、
水やりなどの管理面でも高い評価をいただくことができました!

昨年度の試験では活根彩果500倍希釈液を
1週間おきに3回葉面散布したところ、試験区では根の重量は
1.34倍に増加し、葉茎の重量は1.78倍に大幅に増加していました!!

今年度の試験でも大幅な収量増加が認められたことから、
昨年度と同様に、根が充実させられたと考えられます!

ニラの株養成期間に株に貯蔵される養分は、その後の収量や品質に大きく影響します。
株疲れにお困りの皆様、さらなる収量増加を目指している皆様、
活根彩果の定期灌水で株疲れに負けないニラを栽培しませんか!

ご質問やご相談がありましたら、いつでもご連絡ください!
お待ちしております!

観光いちご園 甘彩六花定期散布で厳寒期の着花率向上!

みなさんこんにちは。GWはいかがお過ごしでしょうか?
私は夏野菜栽培に向けて畑の準備をしようと思っています!
日差しが強くなってきましたので、作業時はこまめな水分補給を心がけましょう!

 

さて、本日はさいたま市で観光いちご園を行う、
ストロベリーハウスホソダの細田さんに、今期の栽培について伺いましたので、ご紹介します!

 

栽培品種は「かおりの」、「紅ほっぺ」、「あきひめ」、「やよいひめ」、
「あまりん」、「かおりん」、「よつぼし」の7品種です。

 

イチゴには高設栽培と土耕の大きく分けて2種類の栽培方法がありますが、細田さんは高設栽培を行っています。

通路を広く取ることで、車椅子やベビーカーでお越しのお客様もいちご狩りを快適に楽しんでただけるよう、配慮されています!

細田さんが使用するのは甘彩六花、活根彩果、健花の3種類。
本日は、その中でも特に気に入っていただいている、甘彩六花活根彩果の使用方法を教えていただきました!

 

●甘彩六花(アマイロリッカ)
定植後から収穫期間中 500倍希釈で約2週間に1度葉面散布

収穫期間中、上記の頻度で葉面散布を続けていたところ、例年に比べ、2・3番花の着花率が高かったそうです!
厳寒期で中休みしやすい時期に花数を維持することは、トータル収量増加につながります!

甘彩六花は生殖生長型肥料でありながらも、アミノ酸合成を促進するため実をたくさんつけながらも葉や茎の展開を早めます。

生殖生長と栄養生長両立させることができるため、シーズンを通して安定的に収穫ができ、トータル収量の大幅な増加が期待できます!

 

 

●活根彩果(カッコンサイカ)
育苗期 500倍希釈液を2週間に1回灌水

これからの時期の育苗で新根生成促進に活根彩果をご使用いただきます!
昨年、育苗期に活根彩果を500倍希釈液で定期的に潅水したところ、
植え付け時の根量が増加しており、活着が速かったと大変ご好評いただきました!!

活根彩果は細根を発生させる能力が特に優れています。
細根が増加すると、体表面積が増加するため土中の栄養素をより多く吸収でき、初期生育が大幅に向上します。

また、親株へ使用することで、ランナーの発生を促し、より多く子株を採取することができます!

 

2016年7月にイチゴ親株の試験結果をご紹介しています。
ぜひご参照ください!
http://amairorikka.jp/blog/?p=601

 

「苗半作」と言われる通り、苗づくりは来期の収量を決めるに等しい重要な作業です。
活根彩果で根の充実した強い苗をつくりませんか?

 

甘彩六花シリーズの使用方法や、その他お悩み事がありましたらお気軽にお問い合わせください!

1 2 3 4 5 >

商品について

目的別に6商品をラインアップ。どんな悩みもこの6商品で全て解決します。

甘彩六花の購入はこちら

健花の購入はこちら

活根彩果の購入はこちら

甘彩の購入はこちら

七彩の購入はこちら

大地豊彩の購入はこちら

ページの先頭へ戻る